2010年05月11日

2強対決!ブエナ帰国初戦“全開”

待ちに待った宿命のライバル対決だ。春の女王を決める第5回ヴィクトリアマイルにブエナビスタとレッドディザイアが登場。ドバイ遠征を経たワールドクラスの牝馬2強によるガチンコ対決第4Rの行方や、いかに。まずはシーマクラシック2着以来となるブエナビスタの仕上がり状態に迫った。

ドバイ遠征から中6週。国内復帰戦へ向け、ブエナビスタは順調に仕上がっている。全休日の10日、栗東は今にも雨が落ちてきそうな曇り空。しかし、山口厩務員の表情は晴れ晴れとしていた。

【スポーツニッポン】

---------------------------

ブエナビスタが桜花賞以来となるマイル戦への登場です。オークス以降は2000メートル以上で戦ってきましたが、広々として直線が長い府中なら心配無用ですね。

有馬記念や京都記念では、無理なく好位を確保する自在性も身につたし、レッドディザイアとの対決が注目される春の女王決定戦。あらためて存在の大きさを示してくれるでしょう!!


posted by ホース at 14:46| 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

【毎日王冠】またウオッカに酔う季節がきた〜!

今週は秋競馬の盛り上がりが一気に加速する。「第60回毎日王冠」にはG1・6勝の女王ウオッカが満を持しての登場だ。

1週前追い切りでは、手綱を取った武豊をうならせるほどの動きを見せ、順調な仕上がりぶりをアピール。抜群の相性を誇る東京コースでどんなド派手なパフォーマンスを見せてくれるのか、期待度は徐々に高まっている。

女王ウオッカがいよいよ始動だ。今夏は栗東近郊のグリーンウッドで約3週間の短期放牧。帰厩後、じっくり時間をかけて調整を続けてきた。清山助手がひと夏を越えた馬体の状態を伝える。

「例年と違って気温が上がらなかったせいか、過ごしやすい夏だった。精神的にドッシリしてきた感じ。トレーニングに入ってからも馬体の変動がほとんどない理想の形。また一段と上のレベルを求められる」

今や、押しも押されもせぬスターホース。競馬ファンの期待が高まる一方で、苦渋の決断を下さなければならない時もあった。

今年は春のドバイ遠征こそ結果は出せなかったものの、続くヴィクトリアマイル、安田記念では圧倒的な強さでファンを魅了した。秋初戦に向け、追い切りの動き一つ一つに注目が集まる。

【スポニチ】

***********************************


いよいよ現役最強馬の登場ですね。首を長〜くして待ち望んでいた競馬ファンも多いのではないのでしょうか!?そういう私もその中の一人ですが・・・・・

昨年に続いて毎日王冠は2年連続の出走となるウオッカ。「行くつもりはなかったけど、スピードでハナへ。」と武豊騎手が話すように逃げる形になり、結果、頭差の2着。

さて今年はどうでしょう。まず注目すべき所は、昨年よりも折り合いがつくところです。以前は折り合いを欠く場面が何度も見られましたが、今ではすっかり影を潜め、最後に脚を伸ばす理想的な走りができていますからね。

追い切りでは、馬なりで5F69秒3〜11秒6。3頭併せの一番後ろから追走し、僚馬の真ん中から突き抜けて1馬身先着。女王が自らの動きを確かめるかのように鋭く反応しました。

獲得賞金が10億円を超える史上最強の牝馬。今や“JRAの宝”と言っても過言ではありません。完成の域に達しつつある女傑が、どんな競馬を見せてくれるのか!!

舞台は【5211】と圧倒的な成績を残している東京コース。5月のヴィクトリアマイル、6月の安田記念をけた違いの強さで制した女王が、この秋も圧巻のパフォーマンスでファンを魅了します。

予想ですが・・・・・

◎(本命)はもちろんウオッカ!!
現役最強馬となった今、得意の府中で、きっちりとその強さを見せてくれると信じています。

○(対抗)ヤマニンキングリー
札幌記念では、断然人気のブエナビスタを撃破。どんな競馬でも対応できるのは強みです。打倒ウオッカの1番手でしょう。

△カンパニー
前走、前々走とG1で4位とこのメーンバーに入れば能力上位。堅実味のある安定した走りを今回も見せてくれそうです。

△スマイルジャック
前走の関屋記念は、強いの一言。ウオッカを倒すとなると?がつきますが、2着ならあるかも。

【予想馬券】



【応援馬券】
posted by ホース at 13:37| 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

【新潟記念】東の実力派エアシェイディが戻ってキター

新潟記念・G3(30日、新潟競馬場・芝2000メートル)で、関東の実力馬エアシェイディがカムバックする。3月の中山記念(5着)以来のレース。陣営は慎重に復帰戦を選択し、じっくり調整を積んできた。

秋の目標は、もちろんG1制覇。初めての新潟で、8歳のベテランがどんな走りを見せるか注目だ。一方、サンライズベガは西の上がり馬。しぶとい先行力を武器に、一発をねらっている。

古豪エアシェイディが、秋を目指してターフに戻って来る。7月の函館記念に参戦するプランもあったが、復帰はローカル終盤のこのレースまで持ち越しに。そのぶん、じっくりと調整が積まれた。

「やめた理由? 体調が戻り切っていなかったから。無理をしたら、おかしくなるだろうと思ってね」と伊藤正調教師。7月下旬に追ったあと、3週間ほどは強い調教を行わず、スロー調整に切り替えた。

今月12日に追い切りを再開。札幌記念も視野にあったが、さらに1週遅いこのレースへ、万全を期して臨むことになった。「今は大丈夫。昔のシェイディに戻っている」

【スポーツ報知】

***********************************


約半年間の充電を経て、エアシェイディが新潟初参戦。じっくりと時間をかけて調整され、いきなり動けるだけの態勢を築き上げてきました。

昨年の後半は、歴史的な名勝負となった天皇賞 秋ので0秒1差の5着に入り、続く有馬記念は3着に健闘。底力はG3レベルでは、一枚上のものがあります。

当初は7月26日の函館記念を目標にしていましたが、馬自身の気配の変化を察知した伊藤(正)調教師が予定を変更。じっくりと時間を費やして仕上げてきました。

先週の札幌記念参戦という選択肢もありましたが、登録もしないで、新潟記念一本に照準を絞って調整。「この馬らしい威圧感も出てきた」と陣営も十分な手応えを感じているようです。

悲願のG1初Vを誓う秋に向けて、重要なステップレース。ハンデ以外は、好走条件も揃っていますし、トップハンデでも58キロなら問題はないでしょう。

予想ですが、本命にはもちろん、このメンバーの中で実績は断然上位のエアシェイディ、対抗には、昨年に続くこのレース連覇がかかる直線の長い新潟コースが良く似合うアルコセニョーラ。

3番手に小倉記念2着、七夕賞3着とここ2戦、惜しいレースが続くホッコーパドゥシャ。押さえに、しぶとい先行力が武器の西の上がり馬サンライズベガ、夏場に強いデストラメンテ、そして復活を期待したいマルカシェンクです。

【予想馬券】


posted by ホース at 15:56| 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

ブエナビスタ、秋華賞直行!

札幌記念でクビ差2着に敗れ、凱旋門賞挑戦を断念した2冠牝馬ブエナビスタ(栗・松田博、3)が25日、調教時間終了後の午前9時50分に札幌競馬場を出発して安平町早来のノーザンファームへ放牧に出された。

「体重(454キロ)はあんなものやろ。レース後は馬体なども特に問題はない。少し(ノーザンFに)置いてから栗東に戻して秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)へ直行する」と松田博調教師は明言。

今後はメジロラモーヌ(86年)、スティルインラブ(03年)に次ぐ史上3頭目の3歳牝馬GI完全制覇を目指す。

【サンケイスポーツ】

***********************************


日本馬の悲願ともいえる凱旋門賞Vが夢と消えてしまいましたね。
重量が有利な3歳での挑戦が最もチャンスが大きいと私も思って
いましたが、とても残念です・・・

しかし、松田(博)調教師も言っているように、勝ったらという条件
でしたので、勝ちに等しいではやはり難しいのでしょう。

着差はたったの首差ですが、ブエナビスタ、そして陣営にとって、
その差はあまりに大きな意味を持っていたようです。

それでも秋には大仕事が待っています。秋華賞では、史上3頭目
となる牝馬3冠達成かかっているからです。

敗れたとはいえ、古馬一線級を相手に見せた札幌記念での剛脚は、
まさに3歳牝馬離れしたもの。

首差の敗北を糧に、ブエナならきっとさらなる進化を遂げてくれるで
しょう。3歳牝馬達成、期待しています!!
posted by ホース at 16:00| 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

シャドウゲイト加速51秒7…七夕賞追い切り

◆七夕賞追い切り(9日) 夏の福島開催のラストを飾る七夕賞に向け、G1ホースのシャドウゲイトが9日、美浦のウッドチップコースで併せ馬を行った。終始馬なりながら、抜群の手応えで伸びて1馬身先着。

07年5月のシンガポール航空国際C以来、2年2か月ぶりの勝利へ、万全の態勢だ。阪神の重賞、プロキオンSで本命を背負うバンブーエールも、順調な仕上がり。栗東の坂路で、51秒7の好タイムを叩き出した。

シャドウゲイトは、ウッドチップコースの6ハロンから、ピュアロング(4歳500万)を5馬身追いかける形でスタート。向こう正面でどんどん加速して、3コーナー地点では1馬身差の“射程圏”まで詰めた。

4コーナーで内へ。直線入り口で馬体を並べると、抑え切れない手応えのまま、1馬身先着した。終始馬なりで80秒2−65秒6−13秒4。爆発力をため込むような、躍動感あふれる動きだった。

「中2週だが、いつも通りの調整パターン。動きは良かった。体調は、前々走の大阪杯の時から高いレベルで安定している。昨年、一昨年は、湿疹(しっしん)が出たりして、いらいらしていたけど、だいぶ落ち着いてきた」と加藤征調教師。コンディションの良さとともに、精神面の充実ぶりを強調した。

【スポーツ報知】

***********************************


シャドウゲイトのここ2戦の戦いぶりは充実していますね。ドリームジャーニー、ディープスカイなどの強敵が顔をそろえた大阪杯では、直線で踏ん張って6着。

続く金鯱賞は、勝負どころで勝ったサクラメガワンダーと一緒に上がり、残り50メートルまで食らいついての2着。07年5月のシンガポール航空国際C以来の白星は、もう目の前と思わせる上昇ぶりです。

丸2年も勝ち星から遠ざかっていますが、今回のメンバーは金鯱賞ほど強力ではありませんし、陣営も久々の白星で何とか弾みをつけたいところでしょう。ここは、海外G1ウイナーの完全復活に期待します。

予想は・・・

本命は、能力的にはここなら断然のシャドウゲイト。
目黒記念が強かった、ミヤビランベリを対抗に、
気になる4頭へ手広く。

◎シャドウゲイト
○ミヤビランベリ
▲デストラメンテ
△ホッコーパドゥシャ
△ナイアガラ
△レオマイスター
posted by ホース at 18:36| 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

お得意サマーでデストラメンテの一発!

サマー2000シリーズの第1弾として行われる七夕賞・G3(12日、福島競馬場・芝2000メートル)。暑い季節のハンデ戦だけに、伏兵が台頭する余地は十分ある。

デストラメンテは、前走で1600万条件を勝ったばかりだが、毎年、この時期に好成績を残している馬だ。ハンデは54キロ。波乱の主役となる資格は備えている。

稼ぎ時がやって来た。7、8月に【3200】と連対率10割を誇る“夏男”デストラメンテが、これ以上ない状態で重賞に挑む。

「夏に走ることは、ここ2年の成績が証明しているからね。寒い時は楽をさせて、万全の状態で暑い時期を迎えられるように考えてきた」と清水美調教師。14番人気だった5月末のむらさき賞を鮮やかに制し、勢いをつけてきた。

【スポーツ報知】

***********************************

とにかくデストラメンテは、夏に強いですからね。3歳時には7、8月に未勝利、500万を連勝。昨年も8、9月に500万、1000万を勝っています。やはり芦毛は夏に強いんですかね!?

例年とおり、今年も冬場には無理をさせず、この時季に照準を合わせてきました。

気になるのは、新潟競馬場3勝など左回りで4勝を挙げている一方で、福島競馬場では3戦未勝利。

それでも、好位から自在に競馬ができる上に、荒れた馬場を苦にしませんし、何といっても、ローカルのオープンは上がり馬が活躍します。

重賞は格上挑戦したセントライト記念(12着)以来ですが、当時、まだ成長途上に加え、馬インフルエンザの余波で仕上がりも万全ではなかったといいます。

ハンデも手頃な54キロ。シリーズ初戦を制し、夏の主役候補に名乗りを上げるか。注目です。
posted by ホース at 17:22| 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

【ラジオNIKKEI賞】イコピコ切れた!陣営G獲り断言

実戦並みの切れ味だ。最終追い切りが東西トレセンで1日、行われ、栗東坂路で単走追いのイコピコが絶好調をアピールした。雨に濡れたウッドチップを蹴散らし、ラストも鋭く反応。万全の態勢だ。

重い馬場をモノともしなかった。勢いは加速するばかりだ。イコピコが栗東坂路で4F52秒9-39秒0-12秒2をマークした。最後の1Fで前がごちゃつく場面があったが、内へ進路を切り替えて柔軟に対応。バネを利かせた走りで、水気を含むチップを蹴散らした。

またがった酒井(レースは田中勝)は「めちゃくちゃ良かったですね。反応が良くて、すごい切れ味だった」と手放しで絶賛する。重賞級の器。素材の良さを早くから見抜いていた。

「入厩したときと放牧から帰ってきた2戦目の変わり方が半端じゃなかった。使うごとに力もつけているし、Gのつくレースを獲れる素質がある馬です」。デビューから2戦、手綱を取った鞍上は断言する。

【デイリースポーツ】

***********************************


春のプリンシパルSでは、強烈な末脚を見せつけながら、出遅れが響いて4着。ダービー挑戦はかないませんでしたが、トレーナーは秋にかけています。

「ハンデの57キロは見込まれたが、秋のクラシックも57キロ。この後は休養させるので、しっかり結果を出したい」と西園調教師。

父マンハッタンカフェも制した菊花賞候補として、まずは目の前の勲章を狙いたいところ。

やっぱり、カギは天候でしょう。課題のゲート難は、徐々に解消しつつあります。

鞍上には、3走前に勝利に導いた田中勝騎手。「いいイメージを持っているはず」と指揮官が信頼するジョッキーで、秋へ向けて最高のスタートを切れるか、注目です。

予想は、イコピコを本命で。小回りでも器用に立ち回れるタイプだし、距離も自在性あるので問題なし。ここも上位争いは必至でしょう。

対抗には、マイネルエルフ。重賞で毎回安定した成績が好印象。このメンバーなら明らかに実績上位でしょう。好勝負は十分可能だと思います。





posted by ホース at 18:50| 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

ジャーニー2年半ぶりG1勝利!さあ夢の海外制覇へ

第50回宝塚記念・G1(28日、阪神競馬場、芝2200メートル、良) 2番人気のドリームジャーニーが、4角10番手から直線で力強く抜け出し、06年12月の朝日杯FS以来、2度目のGI制覇を果たした。

パートナーの池添は、昨年6月の安田記念から手綱を執り続け、9戦目で、ついに頂点へ。喜びをつづった手記を本紙に寄せた。なお、2着は1馬身3/4差でサクラメガワンダー。断然の1番人気に推されたディープスカイは、本来の伸びを欠き3着に終わった。

もう大丈夫だろう。ライバルの蹄音が遠ざかるのを感じながら、池添は残り50メートルの地点で後ろを振り返った。思っていた通り、迫って来る馬はいない。勝利を確信すると、ゴールまでの数秒間、ドリームジャーニーの背で至福の時を過ごした。

【スポーツ報知】

***********************************


06年12月の朝日杯FS以来となるGI制覇はお見事。惜しいレースが続く中、昨年6月の安田記念から9戦目で、ついに結果がでましたね。

圧倒的人気を集めた、ダービー馬 ディープスカイとサクラメガワンダーを、並ぶ間もなく抜き去った末脚は、メンバー最速の上がり3F34秒3。

重賞3勝を挙げている得意の仁川の舞台で、伝家の宝刀が一閃したわけです。これで昨年、選出漏れして悔しい思いをした香港遠征が、今年は現実味を帯びてきましたね。

「去年は、選出に漏れてしまったが、G1を勝った今年は、間違いなく選ばれるでしょう」と池江寿調教師。年内の最大目標を香港国際競走に定めているようです。

父のステイゴールドは、引退レースとなった01年の香港ヴァーズで見事にGI初勝利を挙げました。父子の“香港制覇”へと夢は膨らむみます。

秋は、オールカマーから始動。昨年10着に終わった天皇賞・秋で結果を残し、“日本代表”として香港へ乗り込むつもりのようです。夢の旅路はまだ終わりませんね。

今週は、すっかり福島の名物レースとなった、ラジオNIKKEI賞です。現時点では、3歳離れしたレースセンスの持ち主、『イコピコ』が気になっています。
posted by ホース at 14:17| 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

【マーメイドS】ベッラレイア充実!脚取りしっかり51秒4

マーメイドS追い切り(17日) 牝馬の重賞、マーメイドS・G3(21日、阪神・芝2000メートル)で、一昨年のフローラS以来のタイトルを狙うベッラレイアは17日、栗東トレセンの坂路で追い切られた。リズムに乗った走りで4ハロン51秒4。体調の良さをアピールした。

攻めの姿勢が充実の証しだ。ベッラレイアは、朝一番の坂路をスムーズに駆け上がった。前半からスピードに乗り、1ハロンごとに13秒2、12秒5、12秒6と軽快にラップを刻む。

傾斜がきつくなるにつれて脚が鈍りかけたラスト1ハロン。鞍上が手綱を押すと、しっかり踏ん張って13秒1。全体(4ハロン)を51秒4の好タイムでまとめた。

【スポーツ報知】

***********************************


一昨年4月のフローラS以来、勝利から遠ざかっているベッラレイア。今年のスタートとなった、福島牝馬Sでは、1番人気に支持され必勝を期して望みましたが、当日になって激しい雨に見舞われて末脚が不発。

目標としていたヴィクトリアマイルへの出走がかないませんでした。秋のエリザベス女王杯をにらみ、何としても賞金を加算したいところです。

昨年は、筋肉痛やスクミのためもあって、2走して休むというパターンになっていましたが、不安な点が解消し今期は3走目を迎えました。前走の金鯱賞は0秒2差の4着。叩きつつ状態は上向いているようです。

3歳時は同期のウオッカ、ダイワスカーレットと互角の戦いを繰り広げていた実力馬。勝ち星から見放されていますが、今回は変わり身を期待してよさそうです。

梅雨前線の動き次第では、天候がガラリと変わる時季だけに当日まで気をもむ状況が続きますが、希望通りの良馬場なら、あの抜群の切れが発揮されるのではないでしょうか。
posted by ホース at 10:57| 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ウオッカ豪脚Vに8万人が酔った! 武豊「彼女の強さを再認識」

ウオッカ酔わせた六冠V! 「アジアマイルチャレンジ」シリーズ最終戦でもあるJRA春の最強マイラー決定戦・第59回GI安田記念が7日、東京競馬場1600メートル芝で開催され、断然の1番人気に支持された武豊騎乗のウオッカ(牝5=角居厩舎)が優勝。昨年に続き同レース連覇を達成した。勝ちタイムは1分33秒5。

ウオッカはこの勝利で06年阪神ジュベナイルフィリーズ、07年日本ダービー、08年安田記念、08年天皇賞・秋、09年ヴィクトリアマイルに続く、牝馬では史上最多のGI6勝目。また、獲得賞金(海外、地方交流競走含む)も10億1991万1800円となり史上初の“10億円牝馬”に。ダブルの快挙を達成した。

また、騎乗した武豊は1990年オグリキャップ、1995年ハートレイク以来となる安田記念3勝目、同馬を管理する角居勝彦調教師は昨年のウオッカに続き2勝目となった。

【スポーツナビ】

***********************************

絶体絶命のピンチをはね返し、ウオッカが連覇を達成しました。スムーズな騎乗がが最後の直線では暗転。前が壁になって完全に進路を失いましたからね。

万事休すと思われましたが、そこから奇跡的な強襲で前を行くディープスカイを捕らえました。「きょうは下手に乗りました。馬をほめてあげて下さい」と武豊騎手。名手も今回ばかりはその底力に脱帽したようです。

レース後、先に引き揚げてきたディープスカイの四位騎手も角居調教師と目が合うなり、あきれたような表情で首をひねったと言います。そして、年内引退を表明していた谷水オーナーも再考を思わせる言葉を残していると言うし・・・

ウオッカ最強女傑ストーリーは静かにフィナーレに向かうのではなく、むしろ今からがクライマックスです。シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクトらに並ぶ史上最多GI7勝目を目指し、最強ストーリーはまだ続きます。
posted by ホース at 17:46| 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。